本文へスキップ

ときいろネットは新潟県が運営する農業情報サイトです。            〒950-8570 新潟市中央区新光町4番地1 (新潟県農林水産部経営普及課内)

サイト内検索   

concept月刊普及員だより

平成28年9月号

 
  9月号の担当は、村上・新潟・巻・長岡・南魚沼・柏崎・糸魚川です。
  画像をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。
 
 【村上農業普及指導センター】
 執筆者: 鷲尾 雄一郎
【私の愛すべき村上牛です】
 皆さん、はじめまして。長く県外に住んでましたが、故郷・新潟に帰ってきました。あらためて 新潟の素晴らしさを感じています。故郷の発展に尽くしていきますので、よろしくお願いします。
 【新潟農業普及指導センター】
 執筆者: 梅澤 克郎
 8月29日(月)、新潟農業普及指導センターと新津農業普及指導センターは統合し、新たな新潟農業普及指導センター(新潟地域振興局農林振興部農業振興担当)として新津庁舎2階で業務を開始しました。どうぞよろしくお願いします。
 【巻農業普及指導センター】
 執筆者: 遠藤 由紀夫
【チームで取り組む高糖度ミニトマト「アンジェレ」の養液土耕栽培】
 この春より、巻農業普及指導センターで、園芸総括として頑張っています。
 地域重点課題として、農業法人や大規模稲作農家への園芸品目の新規導入推進に取り組んでいます。その成果として、水田を活用した加工業務用たまねぎや水稲育苗ハウスを活用したミニトマトの養液土耕栽培の面積が大幅に伸びています。
 【長岡農業普及指導センター】
 執筆者: 小林 昭文
 長岡市小国地域では毎年8月にかかし祭りが行われています。
 テレビドラマの主役や有名キャラクターにまぎれて、まるで作業を行っているようなリアルすぎるかかしもいます。どこまでが作り物か区別がつかない面白さは一見の価値ありです。
 【南魚沼農業普及指導センター】
 執筆者: 小泉 貴広
 南魚沼市栃窪集落では例年7月中旬に「棚田草刈りアート日本選手権大会」と題して、畦の草刈りで文字などを作るコンテストを行っています。
 普段は大変な急傾斜地の草刈りも、楽しんで行う事で、すてきなイベントになりますね。
 【柏崎農業普及指導センター】
 執筆者: 兒玉 恒子
 カリフラワーの根は水に非常に弱いため、畑に水が溜まらないようにする必要があります。そこで、JA柏崎が土中に水を排出する道を付けるための機械(カットドレーン)の実演を行いました。排水が良くなった畑でカリフラワーが元気に育ってほしいものです。
 【糸魚川農業普及指導センター】
 執筆者: 五十嵐 憲郎
 糸魚川地域の若手農業者グループ「Teamフォサマグ」では、米の新たな消費拡大を目指し、ライスバーガーの試作を行いました。ごはんの味付けや具材のはさみ方などについて検討し、今後はイベント等での販売に向けた検討を行っていきます。