本文へスキップ

ときいろネットは新潟県が運営する農業情報サイトです。            〒950-8570 新潟市中央区新光町4番地1 (新潟県農林水産部経営普及課内)

サイト内検索   

concept月刊普及員だより

平成28年12月号

 
  12月号の担当は、新発田・新潟・三条・魚沼・十日町・上越・佐渡です。
  画像をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。
 
 【新発田農業普及指導センター】
 執筆者: 河野 昭信
【12月出荷予定のチューリップ切り花】
 新発田地域は自家産球根によるチューリップ切り花栽培が盛んな地域です。自家産球根を利用することにより、年内から安定して出荷しています。新潟県の花であり、全国一の生産を誇るチューリップ切り花を皆さんも是非、購入して楽しんでください。
 【新潟農業普及指導センター】
 執筆者: 森田 明日美
 今年度から新潟市秋葉区のさといも担当になりました。新潟市秋葉区のさといも「里のいもこ」は約8ha栽培されています。「里のいもこ」を使って、新潟の郷土料理である「のっぺ」を作ってみました。美味しいさといものおかげで、美味しいのっぺが出来上がりました。
 【三条農業普及指導センター】
 執筆者: 板屋 かおり
 4月に採用され、もう8か月が経ちました。まだまだ慣れないことばかりですが、様々な現場を経験し、畜産農家の皆さんの役に立てるように頑張ります。写真は、10月に管内の農家が参加した豚の枝肉共進会の様子です。
 【魚沼農業普及指導センター】
 執筆者: 金子 由加莉
【刈取り間近のたらの木原木栽培ほ場】
 雪の足音が聞こえ始めた魚沼では、たらの芽、ふきのとう、うるい、アスパラガスといった冬期園芸品目のハウスでの促成栽培がもうすぐ始まります。多雪地域の魚沼ですが、雪にも負けず冬の間もおいしい野菜を全国へ届けています。
 【十日町農業普及指導センター】
 執筆者: 渡邉 なほ
 十日町駅−飯山駅間を44年ぶりに蒸気機関車(SL)が運行しました。なつかしいと感じた人、初めて動く姿を見た人、思いは様々ですが、雨の中、飯山沿線は多くの人で賑わいました。
 【上越農業普及指導センター】
 執筆者: 安藤 健介
 水稲育苗ハウスに植えた2年目のシャインマスカットです。来年はかなり収穫ができそうです。ぶどうの葉やツルは良く伸びることから、縁起担ぎのため家紋や紋章にも記されると聞きます。実際、「1年でこんなに伸びるのか」と驚かされています。
 【佐渡農業普及指導センター】
 執筆者: 土田 ちひろ
 今年度、新採用として配属になりました。佐渡米の稲刈りも終わり、あたり一面静かな水田が広がっています。そんなさみしい水田にもお客さんが!この時期になるとたくさんの朱鷺が餌を食べにやってきます。朱鷺と共にはばたく佐渡を目指して、これから来年度の「日本一美味しい佐渡米づくり」の準備を進めていきます。