本文へスキップ

ときいろネットは新潟県が運営する農業情報サイトです。            〒950-8570 新潟市中央区新光町4番地1 (新潟県農林水産部経営普及課内)

サイト内検索   

concept月刊普及員だより

平成29年1月号

 
  1月号の担当は、村上・新潟・巻・長岡・南魚沼・柏崎・糸魚川です。
  画像をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。
 
 【村上農業普及指導センター】
 執筆者: 菅沼 茂幸
 普段、何気なく食べているお米ですが、食味の違いがわかりますか。村上では、農林振興部の職員全員で食味調査をしています。粘りや甘み、食感の違いを評価し、おいしいお米づくりの指導に頑張っています。
 【新潟農業普及指導センター】
 執筆者: 葛西 正則
 JA新潟みらい「しろねいちご部会」では、12月中旬から「越後姫」の出荷が始まりました。糖度9度以上、濃厚で豊かな香りが自慢ですので是非、県内スーパーでお求めください。また、観光いちご園が1月下旬頃からオープンします。家族でいちご狩りにもおいでください。
 【巻農業普及指導センター】
 執筆者: 金澤 尚哉
【出荷期を迎えたケイトウ栽培ハウスの風景(10月)】
 昨年4月に赴任し、花き担当普及員としてほぼ1年たちました。
 巻地区の花き生産は、チューリップ、ユリ等の球根及び切り花生産が中心でしたが、近年、ヒマワリ、ケイトウ、ストックなど一年草切り花の生産が伸びています。経験豊富なベテラン農家から水稲主体の新規導入者まで幅広く、活気のある産地です。
 【長岡農業普及指導センター】
 執筆者: 加藤 理恵
 長岡市和島地域では、県内で唯一ガンジー牛が飼育されています。イギリスのガンジー島が原産で、褐色と白の毛色のとても稀少な乳牛です。牛乳は濃厚なのにすっきりとした後味が特徴で、ソフトクリームや地元洋菓子店の協力で作られたスイーツが、この地域の特産物となっています。
 【南魚沼農業普及指導センター】
 執筆者: 関 遼
【食味試験用の焼き芋
 (ごく一部です。)】
 南魚沼地域では、冬季に販売できる品目としてさつまいもの生産を振興しています。その一環として、先日焼き芋の食味試験を行いました。焼いた芋はなんと100本!さすがにちょっと疲れました・・・。
 【柏崎農業普及指導センター】
 執筆者: 田中 貴代
 普及指導センターが新規就農者等を対象に実施している「ニュー農業塾」で、農機具に詳しい水品塾長から農機具の構造やメンテナンスを学びました。コンバインを囲んで真剣に聞き入る塾生達。構造を知ることはとても大切です。
 【糸魚川農業普及指導センター】
 執筆者: 本間 博喜
【視察先からの説明を熱心に聞く参加者】
 上越農業普及指導センターと糸魚川農業普及指導センターの共催で、12月から1月にわたり「上越地域農業ビジネス塾」(全6回)を開催しています。12月16日の第2回の塾では「6次産業化先進経営体視察研修」として、新潟市内にある3つの先進経営体を視察してきました。
 参加者は、6次産業化に取り組んだ経緯や経営者の強い思いを熱心に聞いていました。これをきっかけに、6次産業化が加速することを期待しています。