本文へスキップ

ときいろネットは新潟県が運営する農業情報サイトです。            〒950-8570 新潟市中央区新光町4番地1 (新潟県農林水産部経営普及課内)

サイト内検索   

concept月刊普及員だより

平成29年3月号

 
  3月号の担当は、村上・新潟・巻・長岡・南魚沼・柏崎・糸魚川です。
  画像をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。
 
 【村上農業普及指導センター】
 執筆者: 竹田 春美
 村上地域の伝統食のひとつに「にたてもち」があります。「もち」とありますが、原料はうるち米です。村上地域では、統一名称「村上まんまスティック」としてPRしています。写真はおすすめ料理の「バター焼き」です。
 【新潟農業普及指導センター】
 執筆者: 本間 博樹
 写真は1月13日からの降雪で裂けたナシの木です。夜から雪落としをしたものの、樹上で凍り付いた雪は揺すってもなかなか落雪せず被害を受けたようです。
  現在、被害を受けた園主は、秋には美味しい果実を消費者に届けようと棚や樹体の復旧作業を頑張ってます。応援よろしくお願いします。
 【巻農業普及指導センター】
 執筆者: 捧 日向子
【出荷を前にしたストック栽培ハウスの風景】  私は、今年度の4月から新採用として巻農業普及指導センターに配属となり、花きを担当しています。写真のストックは7月に播種され、11月から出荷されています。寒さに負けずに白、薄ピンク、薄青色など色とりどりの可憐な花を咲かせます。ハウスに入ると独特の甘い香りが広がり、春を感じさせてくれます。
 【長岡農業普及指導センター】
 執筆者: 神田 慶太郎
 春が近づいてきました。写真は、雪消え間近の大麦ほ場の様子です。平年に比べて少雪のため、生育は順調です。これからどんどん草丈が伸び、5月には穂を出し、収穫をする6月には1m程にまで大きくなります。
 【南魚沼農業普及指導センター】
 執筆者: 長谷川 裕二
 農業の6次産業化に取り組んでいるこの農家さんは、地元の農産物を使ったジェラートや菓子類の製造・販売を行っています。ジェラートは毎日15種類ものメニューを揃え、お客様をお待ちしています。もうすぐ春。ジェラートがより美味しくなる暖かい日が待ち遠しいですね。
 【柏崎農業普及指導センター】
 執筆者: 岸田 涼子
 JA柏崎越後姫栽培部会では、月1回、部会員のほ場巡回を行い、技術の研鑽に努めています。毎回、お互い得た最新情報を伝えあったり、その時期の収量・品質アップに向けた栽培上の注意点や失敗事例を情報交換しながら、越後姫の品質向上を目指し日々努力しています。
 【糸魚川農業普及指導センター】
 執筆者: 萩野 孝司
  水稲新品種「新之助」がいよいよ今年秋から一般販売されます。糸魚川地域では、個人・法人合わせて21の生産者が約20haで作付予定です。
 秋の収穫に向けて、まもなく「新之助」栽培がスタートします。