本文へスキップ

ときいろネットは新潟県が運営する農業情報サイトです。

業務用米の多収穫・低コスト生産の推進への取組SERVICE&PRODUCTS

 
・動画で見る!地域の取組(平成30年5月掲載)
 4月の取組:密播栽培(掲載地域→新潟・長岡・上越)

 〇新 潟
 五泉市の(有)ファームみなみの郷では、数年前から業務用米として「あきだわら」の栽培に取り組んでいます。
 本年度初めて密播育苗に取り組みましたが、苗質に問題はなく、10aあたり10箱弱(慣行18箱)で田植えができました。

 〇長 岡 
 (有)グリーンでは、3年前から高密度播種に取り組んでいます。通常の播種量は220g/箱で10a当たり12箱使用していますが、今回はこれに加え、さらに高密度の播種(270g/箱)に挑戦しました。
 高密度播種栽培では苗が徒長しやすく、育苗期間が短くなるため作業が大変ですが、育苗箱数が減らせるので、地域で導入する農家が増えています。
 

〇上 越 
 (農)龍水みなみがたでは昨年の試験栽培を経て、今年度は約14haを「密苗」に切り替えます。
 播種量は300g/箱と慣行の倍以上ですが、田植え日に合わせた計画的な播種と適正管理により苗質に問題はなく、順調に田植えを迎えられそうです。

 

ナビゲーション

バナースペース

新潟県農林水産部経営普及課

〒950-8570
   新潟県新潟市中央区新光町4-1

TEL 025-280-5299


プライバシーポリシー