本文へスキップ

ときいろネットは新潟県が運営する農業情報サイトです。

重点取り組み(魚沼農業普及指導センター)

冬期山菜3品目の生産拡大による豪雪地域での園芸拡大と担い手の経営安定に向けて

 豪雪地域にある魚沼市は、平場地域に比べて施設投資や加温経費がかかること、消雪が遅く露地栽培期間が限られることから、農業での年間を通じた収入確保に課題がありました。
 そのような中で、堀之内地区のユリ切花農家が施設を活用する形で昭和60年頃から「たらの芽」栽培が始まりました。その後「うるい」「ふきのとう」を加えた3品目に広がり、平成23年頃からは稲作の大規模農業者や法人等も導入を始め、面積が拡大してきています。
 また、促成栽培による計画的な長期安定出荷により市場から高い評価を得て、売上も伸びています。

 魚沼農業普及指導センターでは、豪雪地域での園芸拡大と担い手の経営安定に向け、令和元年度に冬期山菜3品目の産地育成計画を策定し、1億円産地づくりを進めています。
 その中で「ふきのとう」は、促成栽培時のハウスや保温設備が不要で取り組みやすいことから、冬期山菜のエントリー品目としての役割を担っています。

 令和2年度は
  1. ふきのとう生産組合長を塾長とした、園芸参入塾「ふきのとう」の開催
  2. ほ場整備地区での園芸導入拡大に向けた、現地巡回研修会の開催
  3. 夏場の養成株生育量確保に向けた、実証ほによる栽培課題の解決
 などを通じて新規園芸導入担い手の栽培技術の向上、品目毎の病虫害・ほ場条件等の課題解決を図ります。

「園芸参入塾:ふきのとうコース第1回目」の写真
園芸参入塾「ふきのとうコース」第1回目

「ほ場整備地区へ導入されたふきのとう」の写真
ほ場整備地区へ導入されたふきのとう

「ほ場巡回」の写真
ほ場巡回

 今後も、魚沼市、JA北魚沼、魚沼市土地改良区と連携して、管内の農業産出額の向上のため、園芸拡大の取組を推進していきます。



バナースペース

新潟県 農林水産部 経営普及課

〒950-8570
   新潟県新潟市中央区新光町4-1

TEL 025-280-5299


プライバシーポリシー