本文へスキップ

ときいろネットは新潟県が運営する農業情報サイトです。

重点取り組み(三条農業普及指導センター)

県央地域産米の品質V字回復を目指して

1.活動の方向

 県央地域産米の品質V字回復を目指して、高温登熟に対応した水管理手法を提案してきました。また、農業者に新鮮な感覚で取り組んでもらえるような情報提供を工夫しました。

2.活動の内容

(1)わかりやすい情報発信
 これまでのJA経由での資料配布や登録者へのFAX送信に加えて、大型ポスターをJAの各店舗に貼り出したり、「葉色の見える化看板」を主要な調査ほ場に設置するなど、わかりやすい情報発信に努めています。
 また育苗期と登熟期に、地方紙を活用した技術広告を掲載して、農業者の関心を高める取組も推進しています。


葉色の見える化看板

(2)新たな水管理の提案
 登熟期の水管理は、フェーンの場合と長期に高温が継続する場合とで異なります。これまで習慣化した水管理を見直して、よりきめ細かく[1]通常時、[2]高温時、[3]フェーン発生時の3パターンに分けた管理を推進しています。


地方紙掲載広告(8月10日号)

(3)関係機関との連携
 本年度から県内全域でフェーン緊急情報を発出することになりました。緊急情報が効果的に伝わり、実践されるには関係機関の連携と協力は不可欠です。特に水需要が拡大する時期に当たることから、夏本番を前に「農業用水連携会議」を開催し、通常時の取水等のルールや緊急時の対応について検討し、関係機関一体となって品質V字回復に向けた活動を確認しました。


関係機関と連携した技術検討

3.活動の検証

 今後、米の品質と併せてこれらの活動が効果的に行われたか、農業者代表(新潟米管理対策推進員)や関係機関を含めた検討会を開催し、効果検証を行います。



バナースペース

新潟県 農林水産部 経営普及課

〒950-8570
   新潟県新潟市中央区新光町4-1

TEL 025-280-5299


プライバシーポリシー