本文へスキップ

ときいろネットは新潟県が運営する農業情報サイトです。

重点取り組み(南魚沼農業普及指導センター)

異常気象に負けない南魚沼産コシヒカリの高品質安定生産
−稲作リーダーと連携し品質回復に取り組む−

1.活動の方向

 南魚沼地域では令和元年産米の品質低下からの回復を図るため、稲作リーダーと連携し品質向上に取り組んできました。
 また、フェーン等の異常気象に対応した管理情報等の迅速な情報発信に重点をおき、活動を展開しました。

2.活動の紹介

(1)稲作リーダーと連携した栽培技術の徹底
 南魚沼産米振興部会では地域の担い手に稲作リーダー(27名)を依頼し、稲作リーダーからは部会活動への参加、研修会参加、地域へ技術情報等の伝達を図ってもらっています。
 また、部会では生育診断資料を作成し、稲作リーダーからは資料を活用し、周辺農家への情報発信、栽培指導を担っていただききました。

「稲作リーダーを対象とした研修会」の写真
稲作リーダーを対象とした研修会

「生育診断用の各種資料」の写真
生育診断用の各種資料

(2)情報の周知
 生育に基づいた栽培管理が行われるよう、地元FMの放送、メール、FAXの配信、JA店舗等への大型ポスターの貼り出し等を行い、情報発信に努めてきました。 また、道路沿いに営農情報看板を24カ所設置し、幅広い周知に努めてきました。

「道路沿いの営農情報看板」の写真
道路沿いの営農情報看板

(3)関係機関との連携
 部会では稲作期間内に5回の部会を開催し、生育状況の確認、技術対策の検討、情報発信のあり方等について連携を図りました。

「部会による現地巡回」の写真
部会による現地巡回

3.活動の成果

 令和2年産の南魚沼産コシヒカリは、登熟期間の高温、フェーン、8月下旬以降の断続的な降雨による倒伏の影響により、平年より品質低下しましたが、1等級比率78%(10月27日現在)を確保し、稲作リーダーは17名が1等級比率90%以上を確保しました。
 今後は、品質低下要因とあわせ次年度対策について検討していきます。



バナースペース

新潟県 農林水産部 経営普及課

〒950-8570
   新潟県新潟市中央区新光町4-1

TEL 025-280-5299


プライバシーポリシー